2021年08月09日

久しぶりに見た短編映画。

もしもパンデミックがなかったらどんな世界だったのだろう。
私は、どんな風に毎日を過ごしていたのだろう。

振り返ると流石に2年は長いなと思った。

それでも、この先、生き続けることができたとしたら、その時間はこの2年を短く感じさせるのだろうか。

愛について考えてみた。

映画をきっかけに。

思春期の頃、なぜ愛をテーマにする歌やドラマ、映画が人に多くの影響を与えるのがわからなかった。

それは、割と大人と言われる年齢になるまでそうだった。

本当に人を愛したことがないからだと思った。

多分、私にはそういう感情が欠落しているのではないかと思ったりした。

本当に好きな人ができたとしても、なにが本当でどれくらい純度の高い正当な気持ちなのかそういうことばかり考えていた。

例えそういう人が、目の前に現れたとしても、ドラマや映画の物語のようにはできていない。

そういうことを、どこかで信じていた自分を馬鹿にしていた。

誰かに何かを捧げる。

そういうことが愛なのかと思ったりもした。

でも、そんな風に生きていたって自分に自信が持てるわけでもなんでもなく、惨めな気分でずっと不安だった。

狡い生き方を、したたかな人やことをどこか拒んでいる自分がいる。

言葉では説明できないことを、否定しては、正しくいることだけで虚しくなる。

そういうことの行き場所が急に無くなる夜がある。

今は大丈夫、そんなにひどくはない。

でも、そうならないように刺激を排除して処方箋を飲み続けて大人しく、はみ出さないようにいる。

特別目立つことをしたいわけではなくて、でも、誰かかからなにかをを奪いたいわけでもない。

事実は時々、胸を締め付けてくる。

でも、それが何?

嘆いても仕方のないことだと言い聞かせている。

傷は、いつか癒える。

それと同時に、この映画から戻ってこない時間についても考えさせられた。

そういうことは確かにある。

全てを持っては死ねない。

今まで集めてきた雑誌や本、大好きな音楽、恋人とか家族、友人・・・

今最善を尽くせるとしたら私はどうしたらいいのだろう。

いや、最善を尽くしたいのだ。

もっと私が賢くて自分に自信があったら、タフで負けん気が強かったら・・・

そんなことあげてもキリがない。

人を羨む時間があれば、その分自分の人生についてより良いことを取り入れたい。

そう思った。

けれど、愛については結局一筋縄ではいかなそうだし、私はまだまだ未熟だと思った。
posted by Akane Teramura at 00:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月20日

夏が来た。

数日前にとうとう近畿地方も梅雨明けして、入道雲をよりクッキリ感じるようになったし、原色の空や緑がジリジリ夏の存在を近づけてくる。

暑い暑いと言いながら、日中エアコンのきいた部屋で仕事をしている。

午前午後早い時間はあんなに晴れていたのに、夕方、土砂降りになる。

日本の夏も年々より暑く、雨の振り方も変わって(私の幼少期と比べ変わったように感じる)いよいよ、地球どうなるのかな、話たりする。

何かとネットワークに繋がっていなければ、世界中で起こっている事はもちろん近所の出来事でも、どこか、蚊帳の外である。

近頃、やっと日々の暮らしを少しづつ手にしている気がしている。

それでも、どこか大切な何かを失っているようにも感じる。

平凡でも、変化がないわけではい。

内観する時間が、少し、いやだいぶ短くなってきた。

それでも私は、ネットワークに繋がる。

必要な情報を手に入れる。

そこはいつしか日常の一部と呼ばざるおえない場所となっていった。

様々な声、言葉、風景、人々。

日常生活でこの先直接関わらない人もいるだろう。
そういう人がほとんどかもしれない。

毎日何かに悶々とする。すっきりとしたい。

そして、湿気の多い日本のこのまとわりつくような空気。

私にとって夏は、どこか自分と違いすぎて少し身構えてしまう。

どちらかというと嫌いという言葉が先に浮かぶし、なのに好きな場面がたくさんあって、夏にしかない良さがあって、でも自分とはすごく違ってどこか受け入れ難い。

でも、大好きなのだ。

夏には強烈な存在感があって、生命力があって、気力も体力もいるのだ。

向き合うのに本気じゃないと、やられてしまうのだ。

私は、日本の四季の中で、夏を王様のように感じる。

この夏をどう過ごそうか。

そんなことを考える夜。

ノートパソコンが熱い。
posted by Akane Teramura at 23:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月30日

このモヤモヤはなんだろう。

いつも何に対しても感じているわけではないけれど、なんかモヤモヤして言語化してもスッキリしないなんか、捉え間違えてるような気がしてならない。

いいところまで来ているような気もするのに、影しか見えなくて正体がわからない。

この気持ちは一体なんなんだろう。

何かが引っかかっている。

家を出て、鍵閉めたか閉めなかったか的な何か。

喉に支えている何か。

多分、なんかでかいやつな気がする。

研ぎ澄ませないと、絞ったり、息を抑えて耳を澄ませないと見逃してしまいそうな、何か。

解き放たれたい、多分遠くない未来にわかるような気がしてるけれど。

身の整理をして、準備をして、戦う。

もしかしたら、住んでいる家の事かもしれないなと思ってみたり。

色々、任されている気がする。

なんとかしないとな、と思っているあたりそうなのかも。

私のお役目なのかもしれないな、と感じるのだ。

一番身軽で悩みのないやつ。

私やん?

誰もが共感するようなことではないかもしれないけれど、それもありかな、と思う。

とにかく、整えて行こうかな。
posted by Akane Teramura at 23:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする