2021年05月08日

笑い。

『笑い』について。

笑いのつぼは人それぞれだなと感じる様になったのは、自覚するにアラサーかも。

割とそれまで自分と人との違いについて、あらゆる場面で寛容的でいられなかった。

誰かとの共感が大きなウェイトを占めていた。

長い時間一緒にいてると口癖が似てきたり共通の認識ができてきて、笑いも少なからず共有する場合がある。

『好きなことが一緒じゃなくても、相手を知ることによって自分の世界が広がるよ。』

そういう考え方を友人から聞いて『そういう考え方もあるんだ。』と感心した。

いろんなことの”意味”や”ユーモア”がわかることによって世界はより広くもなるし深くもなる。

辛いことを乗り越えたいときに、特にそんな”味方”が自分の中にあるとないとでは雲泥の差だと思う。

最悪な日の次に最高な出来事がある明日の可能性。

電気のスイッチみたいに切り替えがうまくいかなかったとしても、今までの経験上、まだ続きあるやんけ!ってなっている。

今のところ。

この日常は思いの外、自分にも自分以外の誰かにも大きく影響を与えている。

なんでもないことのささくれが、意外と絆創膏級になってしまったり。

身近な人に八つ当たりをしてしまったり。

本当は話を聞いてあげたいのに、たった一人で自分の部屋にいる矛盾。

余裕が持てない自分がいる。

外に思う様にいけない私でさえこうなのに、さらに制約された生活を強いられている人たちはどれくらいの苦痛を背負っているのか?

もどかしく、長い道のり様に思えてしまう。

でも、そんな中で見つけられる”ユーモア”や”笑い”は湿布みたい(なぜそのチョイス)

筋肉痛に湿布や!(もしくは温湿布)

とにかく、イライラしとる場合ちゃうねん。

やったら〜!う〜らら。


posted by Akane Teramura at 23:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: